初夏のリサイタル チェロとピアノの夕べ


チラシ
                               クリックするとPDFファイルが開きます


◇ 初夏のリサイタル ◇
チェロとピアノの夕べ


2011年 6月5日(日)   満員御礼
  昼の部 12時開場 13時開演
  夜の部 17時開場 18時開演
  チケット 各 2,000 円(予約制:定員 各 30 名)


昼夜共通プログラム
【ショパン:序奏と華麗なるポロネーズ ハ長調 作品3】
 (Chopin:Introduction et Polonaise brilliante op.3)
【J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第一番 ト長調】
 (J.S.Bach:Suites for cello solo No.1BWM1007)
  ・プレリュード Prelude
  ・クーラント Courante
  ・サラバンド Sarabande
  ・ジーグ Gigue
【ショパン:ワルツ第7番op.64嬰ハ短調】
 (Chopin:Valses No.7 op.64)
【ショパン:幻想即興曲op.66嬰ハ短調】
 (Chopin:Fantasie-Impromptu op.66)
【ベートーヴェン:チェロソナタ第3番イ長調op.69】
 (Beethoven:Klavier und Violoncello No.3 op.69)
  ・第1楽章:Allegro ma non tant
  ・第2楽章:Scherzo
  ・第3楽章:Adagio cantabile



  無事終了しました。ありがとうございました。



大前 知誇 大前 知誇

大前 知誇 大前 知誇 大前 知誇 大前 知誇 大前 知誇





大前知誇 大前 知誇 (おおまえ ちか)  チェロ
桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部を卒業後、 ジュリアード音楽院のH・シャピロ氏の下で研鑽を積んだ後、 ドイツ・デトモルト国立大学修士課程を修了、 フランス・ブローニュ国立音楽院第3課程、パリ国立音楽院室内楽科を首席卒業。
倉田澄子、堤剛、H.シャピロ、M.シュトラウスの各氏に師事。 第18回広島新人演奏会にて最優秀賞を受賞、広島交響楽団と共演。 ノルマンディー・アンデ国際音楽祭にてアンデ祝祭オーケストラと共演など、数多くの音楽祭に出演。
2002年イタリア、ルイージ・ラッコニージ国際コンクールにて第二位入賞、アスティ賞を受賞。
2005年チョン・ミュンフン指揮、日韓合同オーケストラに首席奏者として参加する。
2006年パリ日本文化会館におけるリサイタルにて好評を博す。
デビューCD「Poesie」に続き、2009年秋2ndアルバム「ファンダメンタル・ノート」をリリース。
国内及びヨーロッパ各地で、オーケストラとの共演や数多くのコンサート・音楽祭への出演など、その活躍の場を広げている。
また、パリの名門ホテル・リッツ内にあるエコール・リッツ・エスコフィエにて フランス料理・製菓・パンのグランド・スペリオール・ディプロマを取得する。
ホテル・リッツのメイン・キッチンでの修行を経て2007年より「音と食のコンサート」シリーズなど 独自のコンサート企画を展開するかたわら、月刊「百味」にて“クラシック音楽とお料理”のエッセイを連載しているほか、 雑誌・メディアなどその活動を広げている。


山角 倫代 山角 倫代 (やまずみ みちよ)  ピアノ
桐朋学園大学ピアノ科卒。
在学中から古楽器の研究を始め、卒業後に渡欧。
欧州各地の楽器博物館で古楽器による演奏活動を行いながら、 鍵盤楽器と作曲の変遷および音楽解釈を研究。
帰国後は、ザルツブルガー・ゾリステン等の室内楽団やオーケストラとの共演、 ソロ活動を行う。
使用楽器は鍵盤楽器全般にわたる。
2009年リリースしたソロCDは、音楽各誌で好評を博す。
演奏活動の傍ら後進の指導にも携わり、最優秀指導者賞の受賞や、 日本クラシック音楽コンクール、ショパン国際ピアノコンクール in Asiaの審査員を務める等、活動の範囲も広がっている。

前回のコンサート





 



ピアノカフェ ショパン まで、お電話かFAXにてお問い合わせ下さい。 
TEL/FAX 042-734-1889



[戻る]

inserted by FC2 system