ウィーン留学記
飾り線

2013年のウィーン留学記    2015年のウィーン留学記

2014年12月1日  ♪ 2014年秋冬、ウィーンで元気にやっています!


みなさま、こんにちは。
お元気でお過ごしでしょうか。

ウィーンは、恒例のクリスマス市も始まり、それと同時に寒さも増して、
冬らしくなってきました。

リアルタイムではないのですが、先週のお写真。
学校の中庭
まだ秋らしさの残る学校の中庭です。

そして、もう始まっていますが、クリスマス市の建設現場。
クリスマス市
カール教会前の広場でのクリスマス市は、工芸品のお店が多く、
見ていて楽しいです。
今年はいつ行けるのでしょう…。

でもありがたいことに、いろいろな機会で演奏させて頂いています。

この教会の裏にある小さなサロンでは、歌の伴奏でコンサートでした。
秋の散歩
素敵なチラシ。こちらは、「秋の散歩」と題してのコンサートでした。

また、11月は学校での試験のお手伝いも続きました。
修了試験にて
こちらは、韓国人のヴァイオリ二ストの修了試験にて。
珍しい立ち見も出る盛況ぶりでした。
他にもドイツ人の子のお手伝いなど、私にとっても大事な仲間の
最後の試験で一緒に演奏出来たことは感慨深いものでした。
みんな心からおめでとう!
これからもし離れていっても、どこかでまた会える日まで
お互いに音楽を続けている限り、会えると信じています。
(でもこの二人とは近々また共演するのですが笑)

年末年始のお休みまで、学校でのクラスコンサートや、録音、
素敵なロウソクの光の中でのコンサートなど、 目白押しです。
私は風邪を引きそうになりながらも、元気にやっております!!

みなさんに少しでも良い報告が出来るといいなと思っています。

今年も残すところあと一カ月少し。
みなさんも年末ということで何かと慌ただしいことかと思いますが、
何より健康第一で、お過ごしくださいね。

最後におまけの写真。

いつ見ても美しいウィーン楽友協会と、
ウィーン楽友協会
目の前にある小さな博物館にあったピアノ。
小さな博物館にあったピアノ



クリスマス市に少しだけ行くことが出来ました♪
クリスマス市

山口友由実

[戻る]

2014年9月22日  ♪ 2014年夏の思い出 〜日本とヨーロッパで〜


みなさま、こんにちは。
私は日本での約1カ月の滞在を終え、
芸術の秋の始まったウィーンに戻ってきています。
木々も色づき始め、いよいよ大学も始まろうとしています。
私にとって、学生生活最後の一年となるであろう今年。
実りあるものにしたいと思っています。

またまた久しぶりの更新ですが、日本での演奏会のこと、
そして、こちらでのことを少しずつご報告したいと思います。

♪ ♪ ♪

まず、日本での演奏会は、ソロに、歌とのデュオに、 とても充実したものでした。
改めて支えてくださったみなさまに感謝しております。

それぞれお写真とともにご紹介。
プロムナードコンサート
8月2日は、町田市立国際版画美術館でのプロムナードコンサート。
昨夏に続き、出演させていただき、暑い中 300名ものお客様に
いらしていただきました。
開催されていた「関野準一郎展」にちなみ、「夏と旅」をテーマに。

ピアノカフェショパンにて
翌3日は、ピアノカフェショパンにて、第15回目となるコンサート。
今回は、ウィーンで一緒に勉強した大事な友人、ソプラノ歌手の
朝倉春菜さんをゲストにお迎えして、ウィーンにちなんだ曲を 演奏しました。
石阪丈一市長さんもいらしてくださり、 こちらも大盛況で、
間近で聴く歌声にびっくりしていただけたかなと 思います♪

ラリアンスにて
8月5日は、神楽坂にあるフレンチレストラン「ラリアンス」での
アフタヌーンティーコンサートを、同じく朝倉さんとともに。
朝倉さんはこの春に完全帰国して、日本でも大活躍。
また共演する日が楽しみです♪

ストリートピアノ
8月10日には、ご縁のある熊本県宇土市に伺い、
こんな素敵なピアノを演奏させていただきました。
ストリートピアノ、という、街の誰もが弾くことのできるピアノの
お披露目コンサート。 昭和11年生まれとは思えない、豊かな音色で
また地元の中高生の描いた絵にインスピレーションをいただきました。

関戸公民館にて
東京に戻り、8月22日は今回最後の演奏会を多摩市の関戸公民館にて。
たくさんのお客様が真剣に耳を傾けてくださり、
私も集中して演奏させていただきました。
今回何回か即興演奏もしましたが、なかなかウケたので、
これからも続けていきたいなと思っています♪

こうやって色々な場所で、演奏させていただけることは
本当に幸せなことと改めて思うと同時に、
音楽を共有できるこの時間を大切にしたいな、と
気持ちの引き締まる思いです。

♪ ♪ ♪

さて、演奏の写真が続いたので、ヨーロッパの夏を少しご紹介します。

プラハ音楽院
まず、7月はプラハにて講習会に参加しました。
レッスンや練習場所として1週間通ったプラハ音楽院。
プラハは、とても落ち着く素敵な街です。

湖上音楽祭
また、ウィーンから1時間ほどのメルビッシュという場所へ
湖上音楽祭に行きました。
世界遺産でもあるノイジードル湖に 浮かぶ舞台は、とても素敵でした。

プラハ音楽院
湖続きですが、オーストリアの夏は本当にきれいです!
こちらは、ザルツカンマーグートのシャーフベルク。
この夏があるから、長く寒い冬を越すことが出来るんだと思います。

♪ ♪ ♪

夏も終わり。
気を引き締めて音楽と向き合いたいと思います。
これからも応援、どうぞよろしくお願いいたします。

山口友由実

[戻る]

2014年6月22日  ♪大学院1年目終了&夏の日本での演奏会お知らせ


みなさま、ご無沙汰しております。
梅雨明け近く、蒸し暑くなる頃かと思います。
ウィーンは今過ごしやすい気候となっています。

フォルクス庭園の様子
 フォルクス庭園の様子

そして、ワールドカップで連日盛り上がっています!
6月は学期末。大学院1年目も無事に充実して終わりを 迎えられそうです♪

さて、4月〜6月は、学校のプロジェクトをはじめ、
人と一緒に演奏したり、接することが多かった日々でした。

5月は「反人種差別主義の記念日」に行われたオーストリア国会議事堂での オペラ、
ブルンディバールにて演奏。
このオペラは第二次世界大戦中、チェコにあるテレジン収容所の
子どもたちによって55回も上演された、とても悲しい歴史の裏にかかれたものです。
オーストリア国営放送にて中継されたので、ドキドキでしたが、
皆が一体となった最後の瞬間は今でも思い返すと胸が締め付けられます。

国会議事堂
 国会議事堂
放映された映像から
放映された映像から
 放映された映像から

さらにその直後にチェコ人の友人のプラハでの演奏会賛助出演があり、その帰りに
今行くべきだと感じて、プラハからバスで1時間ほどのテレジン収容所を訪れました。
ブルンディバールの当時のポスターなどもあり、曲の重みを改めて感じました。

六芒星と、犠牲者の墓碑
 六芒星と、犠牲者の墓碑

そして6月は現代音楽のプロジェクト。
5月に引き続き、オーケストラの中で、指揮者のもとの演奏。
普段とは違って、とても面白かったですが、なかなか大変でした。
でも皆でつくり上げると、達成感も大きいですね!楽しかったです。


さて少し早いですが、日本での演奏会のお知らせです♪
8月に一時帰国し、いくつか演奏会をさせていただきます。
暑い時期ですが、いらしていただけたら幸いです。

8月2日(土)13時/ 15時(各30分)町田市立国際版画美術館
プロムナードコンサート 入場無料
昨年に続き、2度目の出演となりました。
生誕100年の版画家、関野準一郎展に合わせ、
関野氏の旅した国々の曲を演奏いたします。

8月3日(日)昼の部13時(12時開場)、夜の部18時(17時開場)
ピアノカフェショパン
山口友由実ピアノコンサートvol.15 ゲスト:朝倉春菜(ソプラノ)
各2000円
山口友由実ピアノコンサートvol.15
第15回目の公演は、「ウィーンわが夢の街」と題し、
ウィーンっ子シューベルトに、ベートーヴェンのピアノソロ、
そして留学仲間だったゲストの朝倉さんに生誕150周年の
リヒャルト・シュトラウスの美しい歌曲やオペレッタなど
華やかに歌っていただきます♪久しぶりの共演が楽しみ!

8月5日(火)13時半〜15時半(13時開場)
神楽坂ラリアンス
アフタヌーンティーパーティー スイーツビュッフェつき 3500円
アフタヌーンティーパーティー
こちらも朝倉さんとともにウィーンに焦点をあてて。
素敵なフレンチレストランでの演奏です。
演奏後のスイーツビュッフェ、本当に絶品です!
暑さ忘れる優雅なひとときを過ごしていただけたらと思います。

8月22日(金)19時 関戸公民館(多摩市、聖蹟桜ヶ丘駅すぐ)
ヴィータマンスリーコンサート 入場無料
ヴィータマンスリーコンサート
こちらは、ピアノソロで、有名な小曲から、大きな曲まで、
お話を交えながら休憩をはさんでたっぷり1時間半ほどの プログラム。
音楽の素晴らしさをたくさんお伝えできるように、と願っています。

たくさんの方にいらしていただけますよう、
私もウィーンでしっかり準備をしたいと思います!

長くなりましたが、読んでくださり、ありがとうございました♪
夏、熱中症などお気をつけくださいね。
それではまた♪

山口友由実

[戻る]

2014年4月8日  ♪春の演奏会、終了!


みなさま、こんにちは。
1月末以来の更新となってしまいましたが、いかがお過ごしでしょうか。
私は短いながらも帰国していたので、日本の桜を久しぶりに見ることが出来ました。
やはり、日本の春は格別だと改めて思いました!
花粉症さえなければ、本当に最高です!苦笑

さて、更新のなかった2月からの日々を少しずつご報告です。

2月はこちらでは、冬休みにあたるのですが、お休みという感じよりも
次学期や、演奏会の準備期間という感じで過ごしました。
でもそんな中でも、ウィーンならではの楽しいことも♪
5年目にして初めて舞踏会に参加してきました!
警察主催の舞踏会
警察主催の舞踏会
ウィーンの市庁舎で行われた、なんと警察主催の舞踏会!
警察官の方がたくさんいらっしゃり、奥様やパートナー同行で優雅にダンスをしていました。
私はもっぱら見学でしたが、それでも、この雰囲気を十分に楽しみました!

3月2日には、ショパンでの14回目のコンサートでした。
ショパンでのコンサート
今回のテーマは、踊りと春。
ちょうどソチオリンピックに盛り上がった直後で、
フィギュアスケートで使用された曲も交えながらのコンサートでした。
ご来場頂いたみなさま、本当にありがとうございました。
毎回テーマを考えることが楽しみのひとつでもありますが、
何よりみなさまに楽しんでいただけるようにと思っています♪
ぜひまたいらしてくださいませ。

そして、その後一度3週間弱ウィーンに戻り(このような日程は初めてでした!)
再びウィーン楽友協会で演奏させていただきました。
ウィーン楽友協会のコンサート
お祝いのパーティーのようなコンサートだったので、私たちも楽しみながら演奏し、
またカメラやテレビもあり、盛り上がった一日でした。

そして!再び春の近づいた日本に戻り、季節にぴったりの
箏とピアノのデュオリサイタルをトッパンホールでさせていただきました。

箏曲演奏家山路みほさん、そしてゲストの尺八奏者ボンダルチュク・パヴェルさんと。
箏とピアノのデュオリサイタル ©佛田茂

ヨーロッパツアーからの凱旋公演ということで、私たちも力を入れていた、
そして楽しみでもあった演奏会でしたが、たくさんの方にご来場いただき、
無事に終了することが出来ました。
今回は、春にちなんだ新曲も披露させていただき、私にとっては本当に幸せな時間でした。
箏とピアノ、尺八という新しい響きを、もっと追求したいと私自身も思っています♪

さて、4月に入り、新年度。新生活を迎える方も多いことと思います。
入学式もそろそろでしょうか。
みなさまの新生活が実り多いことをお祈りしております。
私も気持ち新たに、またがんばります。

こちらでは、イースター休暇ももうすぐ。
どんどん色づいていくウィーンの様子をまたご報告できたらと思います。

最後にシェーンブルン宮殿の夜景を。
シェーンブルン宮殿
それでは、また♪

山口友由実

[戻る]

2014年1月27日  ♪2014年スタート!今年もよろしくお願いいたします!


みなさま、大変大変遅ればせながら、明けましておめでとうございます!
ピアノカフェショパンにいらしてくださる方も、またこのホームページを
見てくださっている方も…みなさま今年もどうぞよろしくお願いいたします。

自分の音楽と向き合うことが出来る環境に感謝しながら、
今出来ることを精一杯、吸収して還元していきたいと思っています。
ピアノカフェショパンで一番最初に演奏させていただいてから早4年以上。
少しずつ私の音楽も変わってきていると実感しています。
今年初のショパン登場は、3月2日。私自身も大変楽しみにしております♪
ひと足早い春を感じつつ、ちょっと洒落た曲を集めたプログラムでお送りします。
どうぞいらしてくださいませ♪
チラシはこちら

さて、今年の「弾き初め」は、イタリアでのコンサートからでした!
イタリアでの演奏は初めてでしたが、お客様もあたたかく、楽しく演奏してまいりました。
結成中のトリオで行ったのですが、まずウィーンから車で5時間、山を越えて、
濃霧と大雪に見舞われながら、国境付近の小さな町Malborghettoにある美術館にて演奏。
こんなところでした!
Malborghettoにある美術館
車での移動を経て、夜9時半からの演奏は演奏はハードでしたが、
終演の11時までお客様が熱心に聴いてくださいました!
そしてその後のピザもなかなかハード(笑)

そして翌々日に、ウディネ市でのAmici della Musica音楽祭に出演。
見知らぬ地で、見知らぬ人と音楽でつながれる時間は、とてもかけがえのない
素敵な時間でした。音楽をしていて良かった!と思える瞬間です。
Amici della Musica音楽祭
          Foto Luca d'Agostino/Phocus Agency ©2014

また新聞やウェブマガジンでその様子を取り上げてくださいました!
新聞記事
イタリア在住の親友に翻訳をお願いしたところ、嬉しい言葉がいっぱい書いてありました。
ここには書ききれませんが
「3人の音楽性が融合され、作品と対話する次元にまで高め、
ピアノと弦楽器の緻密な対比を具現化した…
尽きることのない緊張感の中で アンサンブルならではの成果をもたらした…」
と、アンサンブルをしている身として嬉しい限りでした。
ソロも大好きだけれど、ピアノは孤独な時間が多いため、
やはり人と一緒に音楽をつくり上げる喜びはこの上ないものです。
今年も音楽仲間とともに刺激し合えるよう、精進したいと思います!

おまけ。おやすみの日にウディネ市から1時間半足をのばして皆でヴェネツィアに行ってきました!
1月とは思えない快晴で、久しぶりに見た海はキラキラと輝いていました。
ヴェネツィア

そんな充実した一年の始まりでした。
今は冬学期末、学校での実技に追われています。あと少し!

今冬はヨーロッパは比較的暖かかったのですが、ここ数日ぐんと寒くなり、
今の予報はマイナス10度です。いよいよ、備えようと思います。
みなさまもくれぐれも風邪やインフルエンザなどお気をつけくださいね。

3月2日に、みなさまにお会いできることを楽しみにしております♪

山口友由実





[戻る]

inserted by FC2 system